AG?@

どこに疾病の根源があるのかを追求し、その疾病に対してどのような治療法が、最も適しているのかを考慮しながら治療しております。

初診時及び治療の過程で治療難と思われる疾病の場合は、他の医療機関と連携し専門の病院を紹介した上、レントゲン・MRIなどの精密検査を勧めております。

捻挫・打撲・脱臼・骨折・肉離れ(挫傷)などに対して行います。腰痛・肩痛・膝痛等、日常生活の中で知らない間に捻挫や挫傷をおこしている場合があり病態を判断し健康保険での治療を行います。

 

*電気療法(低周波・SSP・ライザー)、手技療法(矯正・運動法)、固定法(包帯・テーピング・ギプス)により患部の安静や回復力を高めます。

血液の流れを妨げている「しこり(筋肉の硬結)」を柔軟にし血液の流れをよくします。また「気(エネルギー)」を助長し健康的な体に賦活させる体をつくります。

 

骨と骨をつないでいる靭帯の硬直化をやわらげ関節の動きをよくします。心地よい刺激によりストレスの解消に大きな効果があります。骨盤・脊椎の歪みを調整し体のバランスを整え健康な体をつくります。

指圧・マッサージで筋肉の深いところに「圧」が届かない場所には鍼の技術で深部への治療効果をあげています。

 

ぎっくり腰などの急性期で指圧・マッサージ等の手技治療が困難の場合、鍼の効果が優れております。治りにくい疾患があれば鍼治療をすすめる場合があります。西洋医学の分野でも幅広い効果があり、特に神経的な疾患に対し鎮痛・鎮静効果が優れております。又、東洋医学では「気」の流れが乱れると病気になると云われ鍼治療は「気」の乱れを調整し、体を元気にする効果があるといわれています。(自然治癒力の増長効果)

 

 

 

アエル院 : 仙台市青葉区中央1丁目3-1 AER10F  TEL (022)222-2515

須田ビル院 : 仙台市青葉区中央2丁目1-30 須田ビル2F  TEL (022)263-3282

Copyright(C)斎藤整骨院.All rights reserved.

background-picture(C)yuki - Fotolia.com